玉置浩二トリビュートアカペラ#35「To me」(安全地帯)

to me 安全地帯 アカペラカバー

大阪・河内長野市在住、玉置浩二専門ひとりアカペラアーティスト Neo-Ris です。

 

玉置浩二さん(安全地帯)が好き過ぎて、安玉の楽曲を僕ひとりの声を多重録音でアカペラする企画「玉置浩二トリビュートアカペラプロジェクト」という企画を一人でやってます。

ゴール50曲に向けて、ゆっくり制作を続けています。

 

35曲目はアルバム「安全地帯V」より「To me」です。

アカペラ「To me」制作覚え書き

「To me」は、1986年12月14日リリースのアルバム「安全地帯Ⅴ」の中の1曲。

レコードで3枚組(CDで2枚組)、全36曲の壮大なアルバムの大トリを飾るのがこの「To me」で、安全地帯の代表的なバラードのひとつです。

いつやかやりたいと思っていたのですが、やっと形にできました。

 

ちなみにこのアルバム「安全地帯V」からは、これまで「Friend」「銀色のピストル」「どーだい」など取り組んできました。

 

 

今回の編曲は、玉置さんがソロでセルフカバーしたアルバムのバージョンを参考にしています。

この曲の大きな特徴が、後半での盛り上がりのところ。

ここの抑揚をつけるために、途中からボイパも入れました。

 

あとポイントはサビ直前の斬新でオシャレなコード展開。

なんすかこの鬼渋コード^^;

ここは絶対しっかりコード感を出さなアカンと思って編曲しました。

 

歌も難しかった。

簡単そうで、うまく歌うのが本当に難しい。

それ故に挑戦したかった曲です。

 

やりたかった曲を一つひとつ形にするたび、充実感と共に寂しさも感じている今日このごろです。

次回はノリのいい曲に挑戦します。

 

【その他の玉置浩二・安全地帯アカペラカバーはこちらへ】

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です