SSW 小技でアレンジ効率化 ~ ハネの音符の打ち込み方 ~

‎Singer Song Writer を使って作曲やアレンジをする際、「ハネ」のリズムの曲を打ち込みたい時ありますね。
 
 
ハネの音符は楽譜に書く際、多くの場合このように楽譜の最初に「8分音符はハネてますよ」という記号を書いて、省略します。

しかし、SSW内にある既存の音符でハネの音符を打とうとした場合、通常三連の音符を使うことになります。
(少なくとも自分の使っているバージョン8.0まではそうです)

でもこれだと、楽譜に起こす際、かなりごちゃごちゃして、見にくい・・・(-_-;)llll

そんな時の小技を紹介!




普通の8分(16分)音符を正確にハネさせる小技

それでは普通の8分音符をシャッフルにする方法をご紹介します。
 
まず8分音符を打ち込んでもらったら、「パラメータパレット」を使います。

 
 
パラメーターパレットは画面上部のツールバーの音符キラーンのマークか

ショートカットキー[P]で出てきます。
 
 
まず最初の8分音符を選択してく表示したら、
パラメータパレットの「GT:%」を「120」にしてください。

これで音符の長さが通常より長くなりました。
 
 
次に後ろの8分音符を選択してく表示したら、
パラメータパレットの「GT:%」を「60」にして、
Dev」を「80」にしてください。

これで音符の長さが通常より短く、音符のタイミングが通常より後ろ、つまりハネたときと同じタイミングに来ました。
 
 
以上で完了です。
8分音符を三連で打った時と同じ長さとタイミングの、ハネた音符に変えられました♪

あとはこの音符をコピペして使ってください。
現段階ではたぶん、これが一番早い方法です。
 

16分音符のハネの場合

16分音符でハネる場合、後ろの音符の設定がだけ少し違いまして、
GT:%」はさっきと同じ「60」で、
Dev」だけ「40」になります。

というわけで、‎Singer Song Writer ユーザーの皆さん、ご活用下さい。
 
 
最後まで、お読みいただきまして、感謝いたします^^

お手数ですが、1クリックお願いいたします。
ありがとうございました♪
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ 

 

The following two tabs change content below.

Neo Ris

大阪 河内長野在住「玉置浩二専門ひとりアカペラアーティスト」 玉置さん好きすぎて、自分の声を多重録音して玉置さんの楽曲をアカペラカバーする「玉置浩二トリビュートアカペラプロジェクト」を一人で開催中。 詳しいプロフィール