玉置浩二「メロディー」アカペラカバー

玉置浩二ライブレポ

歌神・玉置浩二さんのシンフォニックコンサートに初めて行った感想

更新日:

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

玉置浩二シンフォニック

今以上、それ以上、歌が上手くなることを目指して日々鍛錬するシンガーNeoです。
 
 
敬愛する歌神・玉置浩二様のコンサートに行ってきました。
 
 
2018年3月17日(土)大阪・フェスティバルホールで行われたコンサート。

プレミアム・シンフォニック・コンサート 2018 THE GRAND RENAISSANCE -CURTAIN CALL-



これはざっくり言うと玉置さんがオーケストラをバックに歌を歌うコンサート
 
 

前回玉置さんを見に行ったビルボードライブでのコンサートから、まだ2ヵ月弱。

玉置さん、本当に精力的にライブしますわね。
 
 
ファンとしては、実にありがたい!

新しいアルバムも、早く出して欲しいけどね!
 
 
まぁ、それは置いといて。
 
 
 
 
実は僕、今回は参加する予定じゃなかったんです。
 
 
ところが、ツイッターで

「チケット余ってるので誰か行ってくれる人いませんか~?」

とのツイートが回ってきてて、それも一旦は見送ったんですが。
 
 
当日の朝まで、その方は半泣きで引き取り手を探してて、僕も仕事も早く終わりそうだったので、

「よし行ったれぃ~!」

ってことで、その方と連絡を取って、参加することにあいなりました。
 
 
席は10列目のとっても良い場所!!

ありがたし~
 



結論

まず結論から言います!!
 
 
 
 
マジでマジで行ってよかった!
 
 
 
まずそもそも生オーケストラってのが始めてだったんですが。

そこに、シンプルな玉置さんの歌声が交わるという初めての体験。
 
 
 
テレビや動画なんかではチラリと見たことはあったけど、
 
 
やっぱ生は違う!
 
 
 
めちゃめちゃ音いいし。

オーケストラの抑揚がダイレクトに伝わってくる。
 
 
 
 
そして、僕が一番いいなと思ったのは、曲が始まる前の独特の緊張感
 
 
拍手が静まってから、指揮者の方が曲に入るためのタクトを動かすまでの、クーーーっと集中する時間。

そこから指揮が動き、ゆっくり音が始まり、玉置さんがオーケストラの音に浸り、同化して、最初のワンフレーズを歌いだす瞬間!
 
 
 
ここに毎回ゾクゾクでした。

やっぱ緊張感て大事ですね。
 
 
 

セットリスト

さて、ここからは、この日のセットリストを振り返りながら感想を。

記憶を辿りながらなので、薄い内容だったらすいません(^^;)

<第一部>

01.歓喜の歌(管弦楽)

02.宙

オープニングとなる「歓喜の歌」が終わり、玉置さんが登場。
 
 
拍手が沈み、会場がシーンとなったところから、玉置さんの

「わか~ってるん だから~♪」

の優しい優しい歌い出し。

もうゾックゾク。
 
 
 
もともとCDもストリングスたっぷりの曲ですが、さらに管楽器やティンパニとか入ってゴージャスに。

より、宙(そら)の広がりを感じました。
 
 
03.GOLD

こちらもCDではストリングスたっぷりで、オーケストラ映えの曲。

シンフォニックにぴったりです。
 
 
終盤の、いったん静かになって、玉置さんの

「行こう~」

って入るところね!
 
 
 
ここ確実トリハダポイントです。
 
 
04.いつもどこかで

最近よく歌っておられる曲な印象ですが、さすがオーケストラです。

転調の盛り上がりよ!!

「きーみがーみた~~♪」

ゾワゾワゾワー!!
 
 
 
そして最後の

「僕が~君を~~~~~~~!」

のロングトーン!
 
 
響く響く。

心臓まで打ち抜かれました。
 
 
 
05.キラキラニコニコ

まだCDでしか聞いたことなかったレア曲。
 
 
CDでもストリングス入ってますが、さらに分厚く!

CDの夢のようなふわふわした感じが、力強い印象に変わりました。
 
 
06.Mr.Lonely ~ プレゼント ~ サーチライト(メドレー)

ソロ曲のメドレー。

サーチライト、オーケストラ映えですね♪

フルで聴きたかったな♪
 
 
 
07.あこがれ ~ ロマン

前奏となる「あこがれ」は、ほぼCDの再現。
 
 
そして、CDではピアノのイントロで始まる「ロマン」

今回はストリングとハープで始まりました(確か)
 
 
終盤はCDより、よりダイナミックに世界観を表現。
 
 
 
余談ですが、「ロマン」は僕が友だちの結婚式で歌を頼まれると、毎回歌ってる思い入れのある曲。

死ぬまでに生で、しかもオーケストラで聴けるとは~

と思って感慨深いものがありました。
 
 
08.出逢い

前半ソロ曲で終わるのか~?と思いきや、ここで安全地帯の曲。

しかも意外だったチョイス「出逢い」
 
 
このタイミングでこれは絶妙!
 
 
そして

09.FRIEND

一部の締めくくりに安全地帯のこの曲。

この曲もシンフォ映え~です!
 
 
サビの「も~ぉ~フレ~~~ン♪」のゾワゾワ感ときたら。

切なさも倍増!
 
 
盛大に持ち上げて第一部の終了。
 
 
そして、しばし余韻に浸る。



<第二部>

10.管弦楽:J.シュトラウスⅡ「雷鳴と雷光」

前半のオープニングとは違って、元気なクラシック曲で第二部の幕開け。

11.雨

元気なオープニングのあと、玉置さんの登場。
 
 
そこからまたしっとりとした前奏が始まり、

「愛~して~いるんだ~よ~」

の歌いだし。
 
 
またこの絶妙な緊張感の始まり。
 
 
ストリングだけになる転調後の静かになるサビ。

そこから大サビの「せか~いじゅうで~♪」の盛り上がり!
 
 
やっぱオーケストラでしか出せない盛り上がりってのがあるね!
 
 
12.SOS

ここでまた安全地帯から意外だったチョイス。

最後の「あるから~~~~~!」は、会場の一番奥まで響き渡っていました。
 
 
13.JUNK LAND

まさかこれをオーケストラで聴けるとは!

一番好きなアルバム「JUNK LAND」からタイトルになった曲。
 
 
この曲はオーケストラに置き換えるとこんなになるんだ!という感動がありました。
 
 
「待ってる人のその前で♪」の部分!

CDだとパーカッシブなんですけど、シンフォではもっとリズムに緊張感があって、ゾクゾクする感じ。
 
 
そして後半の

「ガラクタ~だけど~♪」

への広がり感!!!

「JUNK LAND」の持つ世界観をさらにグーっと広げてくれた感じでした。
 
 
めっちゃくちゃよかった!

僕はこのライブでこの曲が一番よかったです!

しかも! 
 
 
14.しあわせのランプ

またまた一番好きなアルバム「JUNK LAND」から、

僕が世界で一番好きなこの曲!!
 
 
この流れはほんまにヤラれました。

これも転調の広がりがグングン胸に迫ってきました。
 
 
一緒に行ったツレは、玉置さんライブ自体初めてだったんですが、この「しあわせのランプ」が一番よかったと申しておりました。
 
 
15.行かないで
 
CDでもストリングが贅沢に使われているこの曲。

CDではサビの「どんなときでも~離さないで~!」が優しいファルセットで歌われているんですが、ここではパワフルな地声で歌っていました。

それがまたギューっと締め付けられましたね。
 
 
16.ワインレッドの心~じれったい~悲しみにさよなら(メドレー)

安全地帯のメドレー。

ニヤリとしてしまった、まさかの「じれったい」

指揮者の方がものすごいダンサブルでしたw
 
 
17.夏の終わりのハーモニー

安全地帯で畳み掛ける最後の曲。

これもオーケストラすごく相性いいですね~♪
 
 
最後のサビでは、生声を聴かせてくれました。

さすがです!

すっごいよく聴こえました♪♪
 
 
当然のごとくスタンディングオベーション!!
 
 

アンコール

18.田園

玉置さんがハケて、いったん落ち着いたところで、始まるベートーベンの「田園」

徐々に玉置さんの「田園」のフレーズが混じってきて、会場の手拍子。
 
 
玉置さん再登場!
 
イントロが始まり玉置さんの「へいへいは~~~♪」

もう、最高潮の盛り上がり!
 
 
最後のフェイクも絶好調でした!
 
 
 
19.メロディー

二回目のアンコール。
 
間奏の後のサビからは生声!!

本当に贅沢でした。
 
 
最後の「メロディ~泣かないで~~~~~~!」はもう

超トリハダ!!

超トリハダスクープ!
 
 
 
このあと何度かカーテンコール。
 
 
 
「玉置さん大好きーーーー!!」
 
 
と叫んだ男性の声。
 
 
隣に座ってた僕にチケットを譲ってくれた方ですw
 
 
最後に彼は「やっぱシンフォニックが一番好きかも!」と言ってました。

チケット、とってもいい席、本当にありがとうございました。
 
 


最後にまとめ

 
オーケストラの威力はすごいですね!
 
 
何がすごいって、抑揚を倍増させてくれるところ!

もともとパワフルな玉置さんの歌声を、よりパワフルに感じる。
 
 
下から上へゾゾゾゾーっと持ち上げて、

外から中へゾゾゾゾーっと入り込んで来る。
 
 
より感情を揺り動かす。

映画のBGMにオーケストラが使われる意味がわかりますよね。
 
 
バンドでは絶対に味わえない感覚です。
 
 
 
そしてやっぱり玉置さんはスゴい
 
 
僕は、玉置さんみたいに歌いたくて、毎日毎日完コピ練習をやってますが…

こうやって近くで聴いて、近くで感じれば感じるほど、そのスゴさに打ちのめされ、遠ざかっていきますww
 
 
ただ上手いだけじゃない。

技術的な基礎点が超ハイレベルな上に、それだけで終わらない何かがある。
 
 
当然ながら常人が到達できるレベルではない...(^^;)
 
 
 
と、分かっていながら、

僕はまた彼に1ミリ近づくために今日も練習に励みます。
 
 
 
さて、話逸れちゃいましたが、

シンフォニック未体験の方、是非一度参加してください♪
 
 
 
てことで、長々と最後までお付き合いありがとうございました。
 
 
 
ちなみに僕は、玉置さんの名曲の数々をアカペラで多重録音でカバーするという「玉置浩二トリビュートアカペラプロジェクト」という企画を始めました。

歌神・玉置浩二の名曲の数々をアカペラカバーする企画始めました

The following two tabs change content below.

Neo

大阪・河内長野在住のシンガーソングライター。 アカペラグループUNITEで約15年歌い、現在はソロボーカリストとして活動中。 歌神・玉置浩二を敬愛し、彼のような歌い手になるために鍛錬の日々を送っています。一人で玉置浩二トリビュートアカペラという企画もやってます。 詳しいプロフィール

-玉置浩二ライブレポ
-, , , , ,

Copyright© Music Cafe Japan , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。