玉置浩二「メロディー」アカペラカバー

自分のこと

先輩の言葉で自分の過小評価に気づいた話

更新日:

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

ジャンプ

俺は自分を過小評価している

最近、この歳になってやっと、ちゃんと気付いたんですね。

僕は「自分を過小評価してる」と。

 

人から褒められても「いやいや自分なんて...」と思っちゃうタイプ。

日本人けっこう多い?

あなたはどうです?

 

僕は昔からそうで、それは謙遜とかではなく、マジでガチで「自分なんてまだまだ」って思いが強かった。

で、僕の場合その一番の理由が「理想がものすご高い」こと。

 

要は完璧主義でね。

 

「こうでなきゃいけない」という思考が強すぎて、それに囚われすぎて、そこに達していない自分を「自分なんてまだまだだ」と過小評価してしまう。

そして、その「こうあるべき」という理想に向けて、惜しみになき努力をするわけです。

 

とことん突き詰める。

それゆえストイックだと言われる。

先輩の言葉で自分の過小評価に気づく

 

そんな僕が歌うことを始めてから20年、脳の根幹にずっと強くへばりついてる観念がある。

それが「歌が上手くなりたい」という強烈な願望。

 

20年鍛錬を続けていますが、未だに僕の求める理想には辿り着いておりません。

そんな僕の基準で行けば、僕は歌が全然上手くない。

やんなっちゃうくらいへったくそです。

 

もちろん事実上ヘタだとは思ってないし、まあそこそこ上手いんだろうなとは思ってますよ。

ある面で自信はある。

 

でも、正直、僕が聴かせたいものでは全然ないんすね。

「これじゃたぶん、耳の肥えたやつにはバカにされてしまう。このままじゃいかん」

厳格な心の声が聞こえる。

 

 

ところが僕の想いとは裏腹に、周囲の方々はとても評価をして下さる。

色んな歌い手の先輩方からも「歌え」と。

「りすは歌わなあかん」と。

 

それでも、僕は「いやぁ、まだまだ...」って思いが強かったんです。

 

ところが今年に入って、ある歌い手として尊敬する先輩から、けっこうガチトーンで褒められたんですね。

いつも冗談ぽくは褒めてはくれてたんですけど、そのときは僕の歌について「初めて歌で負けるかもと思った」と言うてくれたんです。

 

これはマジでめちゃめちゃ嬉しかった。

歌を始めてから20年、一番嬉しかった言葉。

 

同時に思った。

「いや俺、どう考えても自分を過小評価してるな」と。

 

もうちょっと自分を高く評価していいはずだと。

 

そっからね、もっと歌おうと思った。

もっと聴いてもらおうと思った。

 

まあ、とは言え、この僕の潜在意識を侵食する「歌が上手くなることへの執着心」が消えるわけじゃあないですが。

 

絶対にもっと自信もっていい

そういうことがあってですね、ちょっと考え方が変わりました。

歌に限らず、自分に「もうちょっと自信持ってええんちゃうん?」と思えるようになった。

 

これ絶対、僕だけじゃなくてね。

「自分なんて」とか思っちゃう人、言っちゃう人、もしそこにいたら。

 

自分に対するネガティブな刷り込みはいっぺん疑ってみよう

 

絶対に、自分は自分が思てるよりも価値あるから。

自分への低い見積もりは完全な思い込みやから。

ほんまのほんま。

 

The following two tabs change content below.

Neo

大阪・河内長野在住のシンガーソングライター。 アカペラグループUNITEで約15年歌い、現在はソロボーカリストとして活動中。 歌神・玉置浩二を敬愛し、彼のような歌い手になるために鍛錬の日々を送っています。一人で玉置浩二トリビュートアカペラという企画もやってます。 詳しいプロフィール

-自分のこと

Copyright© Music Cafe Japan , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。