Neo Risの安全地帯アカペラカバー

音楽理論 アレンジ アカペラ

アカペラをジャズっぽくアレンジする方法 ④ベース

更新日:

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

今回はアカペラをジャズっぽくアレンジする方法 について4回目、最終回です。
 
最初の記事で「ジャズっぽさ」の要因として、以下の4つの要素を挙げました。

前回までに、例題曲のコードにテンションを加え、リズムをスウィングにして、コーラスにシンコペーションを加えてきました。
今回は最後のベースラインをウォーキングにして、ジャズ風アレンジを完成させたいと思います。
 
 
例題曲は山下達郎先生の「クリスマス・イブ」の冒頭のワンフレーズです。




ウォーキングベースの作り方

ウォーキングベースはこちらの記事で、説明しましたとおり、4分音符や8分音符を繰り返して歩くようにトントンと刻むベースラインです。

4分音符を繰り返すと言っても、下の音符のように、同じ音の繰返しだと、
ウォーキングベース 同音
形としてはそうなんですけど、これではあまりジャズっぽくなりません。
 
 
やはり階段のように上がり下さりした方が、それらしくなります。

でもどうやってルート以外の音でベースの音を決めればいいの?って思いますよね。
ここからは、ジャズっぽいベースの動きを二段階でステップアップしながら紹介します。
 
 

「コードの構成音」で作るウォーキングベース

ではまず1段階は、わかりやすい「コードの構成音」で作るウォーキングベース。
コードの構成音とは、コードの中に含まれる音です。

例えば「C」のコードは「ド・ミ・ソ」なので、この3つの音を使うといことです。
 
 
この曲の元のコードはこのようになっています。
クリスマスイブ コード
 
これらのコードの構成音はこのようになっています。

コードについて、もっと知りたいー!という方はまずこちらの記事をごらんください。

この構成音の中の音を、なんとなく階段になるように配置してみると、こんな感じになりました。


これだけでも充分ジャズっぽくなります。
どの音を使わないければいけないという決まりはないので、これを基に自由に広げてもらえばと思います!

ただしコードの最初の音符は、コードのルート音にしてもらった方が安全です
 
 
さて、次のステップはちょっと難しくなります!

次のコードに向けてのなだらかな階段を作る

ではもう少し高度な、第二段階のステップです。
今度は「次のコードに向けてのなだらかな階段を作る」というのをやってみたいと思います。

どういうことかと言いますと、次のコードの頭の音になだらかにいけるように、その前の音を近づけておくんです。
 
 
例えば最初のコードが「A」
二小節目のコードが「E/G#」で、オンベースなのでベース音は「ソ#」

二小節目の最初の「ソ#」に向けて、一小節目の最後を階段になるように、構成音以外の音も遠慮なく挟みます。

 
 
三小節目は「F#m7」なので、ベースの音は「ファ#」。
この音に向けて、二小節目から階段になるように音を挟みます。
イブ・ベース・ウォーキングE→F#m7

このように臨時記号の付く「半音階」の音を挟み込むと、よりオシャレで、ジャズっぽくなります。
 
 
このパターンで、コードの構成音を基準に、全体をアレンジすると、こんな感じになりました。

イブ・ベース・ウォーキング02

だいぶ雰囲気が出てきましたね。
少し難しいですが、あれこれ試しながら挑戦してみてください。
 
 

全部を合わせて聴いてみましょう

ここまでの例題曲「クリスマス・イブ」を、ジャズっぽくするための4つ要素を一つずつ解説しながらアレンジしてきました。

まず、コードにテンションを加え、リズムをスウィングして、コーラスにシンコペーションを加え、最後にベースラインをウォーキングにしました。

それでは、これらのパーツを合わせた完成版でございます!


  
すっかりジャズ風に変身しましたね。
紹介した4つ要素ですが、どれか一つ使ってみるだけでも、アレンジにバリエーションが出ると思います。

是非、出来るところからトライしてみてください w(^0^)w
 
 
最後まで、お読みいただきまして、感謝いたします^^

お手数ですが、1クリックお願いいたします。
ありがとうございました♪
にほんブログ村 音楽ブログ 編曲・アレンジへ 

The following two tabs change content below.

Neo

大阪・河内長野在住のシンガーソングライター。 アカペラグループUNITEで約15年歌い、現在はソロボーカリストとして活動中。 歌神・玉置浩二を敬愛し、彼のような歌い手になるために鍛錬の日々を送っています。一人で玉置浩二トリビュートアカペラという企画もやってます。 詳しいプロフィール

-音楽理論, アレンジ, アカペラ
-, , ,

Copyright© Music Cafe Japan , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。