2人の曲を合体させてオリジナル曲が完成!!(ライブができるまで2)

おはようございます、こんにちは、こんばんは

来年令和2年2月2日のライブに向けて追い込みに拍車のかかってきたRisです。

 

この日2月2日はクーリーハイハーモニー宮本さんとのツーマン企画ライブ「ライブができるまで2」の本番の日。

このライブに向けて、二人がこれまでやってこなかった色んなことに挑戦しており、その挑戦の模様を「ライブができるまで」の公式Facebookグループで配信しております。

ライブができるまでFBバナー

非公開グループですが、誰でも参加できますので申請してください。

 

さて、先日この「ライブができるまで」の生配信がありました。

僕の勘違いから生まれた謎の作曲法

今回の「挑戦」の目玉の一つが曲作り

普通の曲作りではなく、ちょっと特殊な作り方に挑んでみました。

 

宮本さんが普通に1曲を作る。

私Risも普通に1曲を作る。

 

そして、宮本さんの作ってきた曲のAメロに、僕の作ってきた曲のBメロをガッチャンコ!

そこに全く別の新たなサビを付けて3つめのオリジナルを作るという、奇妙な作曲法。

ライブができるまで2曲作り方法

今回の生配信で、この第3曲目を発表しました。

 

大変だったのは歌詞です。

当初、この作曲法の提案が宮本さんからあったとき、宮本さんの中では「メロディのみ」の話でした。

メロディのみの合体なら、まだ見えるんです。

まあ、作曲法としてある話です。

 

ところが僕が勘違いして、「歌詞までそのまま使う」と思っちゃって、それが大変でした。

宮本さんの作ったAメロの歌詞と僕のBメロの歌詞をガッチャンコ!!

そんなに都合よく合うわけはなく…

 

そのままでは形にはなりませんでした。

そこで、原型のニュアンスを残しながら、部分的にいじる形でテーマをそろえて、なんとか軌道を作り、サビを生み出しました。

 

めちゃめちゃ大変でしたが、あれこれ相談しながら結構かっこいい歌ができました。

でその勢いに乗って二番も書きました。

やればできる二人です笑

 

曲のテーマは、今回のライブのテーマでもある「挑戦」です。

 

さて、ここからはこの曲をレコーディングするのですが、次なる挑戦は「ライブができるまで参加メンバーの声をレコーディングする」です。

「ライブができるまで」のグループに参加してくださっているメンバーの皆さんの声をレコーディングしてCDに入れる、というミッション。

 

こちらは、2020年1月13日クーリーハイハーモニーさんのCASH BOXでのレギュラーライブの合間の時間を取らせていただきました。

ご予約についての詳細はこちら

ぜひ、「声」での参加をお願いします!

 

 

「どんな風に歌う」かとかは、次回の生配信でお伝えしますので、ぜひshowroomにお集まりください。

次回は1月上旬の配信予定です。

 

第2回目の「ライブができるまで」も、ぼちぼち色々と佳境に入って来てます!!

僕は二人で本気のダンスに挑戦する嵐の「Happiness」と、来場の皆さんに踊っていただく、SMAPの「青いイナズマ」のオケづくりを頑張ります~

 

ライブ予約も始まってます!

ご予約ぜひお願いいたします!!!

お知らせ(12/11更新)

The following two tabs change content below.

Neo Ris

大阪 河内長野在住「玉置浩二専門ひとりアカペラアーティスト」 玉置さん好きすぎて、自分の声を多重録音して玉置さんの楽曲をアカペラカバーする「玉置浩二トリビュートアカペラプロジェクト」を一人で開催中。 詳しいプロフィール