玉置浩二「メロディー」アカペラカバー

ライブができるまで

宮本とリスが血ヘドを吐きながらダンスに挑戦するらしい(ライブができるまで2)

投稿日:2019年10月6日 更新日:

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

とんでもないことになりました。

吐きそうです。

 

2020年02月02日に開催が決定した、僕Risと、クーリーハイハーモニー宮本さんとのツーマンライブで、二人が、「本気のダンス」に挑戦することになりました!

ガクガク(((゜Д゜;)))ブルブル 

 

超ド素人2人が挑む「本気のダンス」

このツーマンライブは、ライブ当日まで、ライブができるまでのプロセスを配信しながら、ライブ当日を倍楽しんでもらおうという「ライブができるまで」という企画の第二回目。

今回は「挑戦」がテーマということで、二人がやったことないことに挑戦しようとなり、企画参加のみなさんから、二人の挑戦を募集したのですが...

 

先日10/04放送の生配信で、

これまで、避けて通ってきた「ガチのダンス」に挑戦することになってしまいました。

 

これまで、簡単な振り付け(手を動かしたり、ステップしたり)程度は、もちろんあります。

でも、本気で、ガチでやるダンスに関しては、二人とも、「ド」が10回付くくらいの、ド素人です、マジで(;'∀')

 

そしてその前に、まず曲を決めて、次に振り付けをどうするか!!

 

ライブが2月2日なので、今から約4カ月!!

結構時間あるじゃん、って思うでしょ?

トリプルノノンノンです(ルート33風)

 

このダンスに加えて、ライブに向けて曲作りもやります!

 

宮本発案の「発狂するかもしれない曲作り」法とは

2人とも曲作り苦手です!!

 

僕、得意そうなんですけど、マジ正直、超苦手っす、特に歌詞!

そう、二人は、曲を生み出すためには、かなりの時間を費やします。

 

しかも今回の曲作りは、ちょっと普通と違うんです。

 

まず宮本さんが1曲を作ります。

次に僕が1曲作ります。

ここまでは普通。このあとです。

 

〔宮本さんのAメロ〕から〔リスのBメロ〕へと展開して、最後に、〔第三のサビ〕を作る、というもの。

ライブができるまで2曲作り方法

なにこれ??

 

最初、宮本さんがこのアイデア出したとき、まったく意味わかりませんでしたw

そして、まったくできる気がしません!!!

 

でもこれにあえて、「挑戦」します。

これは、曲作りが苦手な2人が、超難しい作り方で曲を作るという自分たちを虐める超ドMな実験です。

さらに曲が完成したら自分たちでレコーディングもやります。

 

待って、挑戦はそれだけでは終わりません。

 

セットリストを抽選で決める!!

今回2月2日に行うライブのセットリスト曲は、先月、この企画参加メンバーのみなさんに「二人に歌ってほしい曲」を募集しました。

このたくさん寄せられた曲のの中から、どうやって決めるか。

 

自分たちで選曲すると、「結局知ってる曲に偏る」ということが起きてきます。

それじゃあ予定調和で面白くなくない??という話になり、

また、せっかく送ってもらったから「フェアに決めたい」ということで、抽選で曲を決めるという方法を取りました。

 

何曲するとか決めてないし、あと、オリジナル曲とかも入ってくるので、とりあえず4曲を抽選しました。

ライブができるまで2セトリ抽選

とりあえずこの4曲は、有無を言わさず決定!

このブログでは非公開にしておきます。

 

 

全部初挑戦の曲です。

残りは、また次回の生配信で決めます!

 

こんな感じで、あれこれやりながらの、ガチダンスなんで、4カ月は正直短いくらいです。

 

温かく見守って…いや、ドMの2人なので、どうか、冷ややかに見守ってください。

曲作りの様子とか、練習の様子とか、はライブができるまでFacebookグループで配信していきまーす。

ライブができるまでFBバナー

The following two tabs change content below.

Neo

大阪・河内長野在住のシンガーソングライター。 アカペラグループUNITEで約15年歌い、現在はソロボーカリストとして活動中。 歌神・玉置浩二を敬愛し、彼のような歌い手になるために鍛錬の日々を送っています。一人で玉置浩二トリビュートアカペラという企画もやってます。 詳しいプロフィール

-ライブができるまで
-,

Copyright© Music Cafe Japan , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。