宮本さんとのツーマン企画「ライブができるまで」に至る経緯を洗いざらい書く

2018年11月6日

 

このたび、クーリーハイハーモニーの宮本さんとツーマンライブをすることになりまして、それに際して、「もっちゃんとりっくんのライブができるまで」

ライブができるまで

という企画を立ち上げました。

 

ざっくり言うと、「ライブを作っていくプロセスをファンの皆さんと一緒に楽しむ」という企画です。

 

なんでこんな企画を始めたのか書きます。

けっこう洗いざらい書きます!

 

 

先月、8月17日、宮本さんと飲ませてもらいました。

 

この日は宮本さんに僕の音楽活動の相談してたんです。

てか、だいたい宮本さんと飲むときは、音楽活動の相談がメインです。

不安でも躊躇しても目の前にチャンスがあれば飛び込むべしと思った夜

 

で、正直言いますと、最初ソロ活動始めたときは本格的にやるつもりなくて、僕そんなにモチベーション高くなかったんす。

まったりと細々とやっていこうと思ってて。

 

 

ところがどっこい、2月の大石組のライブからちょっと変わってきた。

その後にPecoの曲のプロデュースが2回あり、8月に古巣Voice of Peaceでのソロ出演の依頼があり、9月には楽曲制作+ライブ出演の依頼があり、二度目の大石組。

 

 

どうも周りが俺を求めている笑

 

 

とは言え、

「しんどいことはやりたくない!」笑

 

 

で、「えー音楽活動どうしよ~」と悩んで宮本さんに相談したんです。

 

 

そこで宮本さんが色々提案してくれました。

こんな方法はどう~?とか。

その中で「ツーマンやってもいいし~」と言うてくれはったんです。

 

 

僕は正直前々から宮本さんと何かやりたいとは思ってました。

だから「待ってました~」って感じ。

 

と同時に、いざその話が出ると「ほ、本当にいけるのか?」「モチベーション保てるのか?」とよぎる。

この時点ではぶっちゃけそんなにガッツリ何かをやるモチベーションでもなかったから…

 

 

いやでも、これチャンスやな…と思って勢いで

「やりましょっ!」

って言っちゃった笑

 

その後も実は少し考えたけど、覚悟決めて「ツーマンよろしくお願いします~」とLINEした。

 

 

でもねーえらいもんで、一度覚悟決めたらファイトが沸いてくる!

そういえば人間て行動起こして初めてモチベーションが沸いてくるんだった。

 

 

せっかくやるんやから、自分がテンション上がるライブやろうと思って。

ここから先の音楽は自分が楽しくないと全くやる意味ないからね。

 

そこで自分が楽しくて、さらにお客さんも楽しくて、尚且つ今まで体験したことないライブをやってやろうと思って考えました。

 

それが「もっちゃんとりっくんのライブができるまで」です。

 

これを9/15のクーリーの堺でのイベントの後に宮本さんにプレゼンしたところ

「いいよ~」

と軽く乗っかってくれました笑。

 

 

本企画はライブ本番はもちろんですが、それよりも「ライブに至るまでのプロセス」をエンタメにするのが目的です。

「ライブってどんな風に作っていくんやろう?」っていう、これまであんまり見られなかった裏側をできるだけ見せたいし、なるべく作っていくプロセスにも参加してしてもらいたいと思っています。

 

みんなで作るライブっす!

 

 

この企画は企画専用のFacebookグループを拠点に進めていきます。

もっちゃんとりっくんの「ライブができるまで」公式ページ
ライブができるまで

一般のお客さんなら誰でも参加できます。

気軽に申請してください。

 

 

とはいえ、あんまり何も決まってなくて、完全見切り発車。

やりながらって感じっす!

また一回宮本さんと打ち合わせします!

 

10/1から企画開始予定~!!

The following two tabs change content below.
大阪 河内長野在住「玉置浩二専門ひとりアカペラアーティスト」 玉置さん好きすぎて、自分の声を多重録音して玉置さんの楽曲をアカペラカバーする「玉置浩二トリビュートアカペラプロジェクト」を一人で開催中。 詳しいプロフィール