玉置浩二「メロディー」アカペラカバー

レコーディング

アカペラのCDって、たいがい人数以上で歌っているって知っていました?

更新日:

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

レコーディング ミキサー

アカペラのレコーディング手法

アカペラのCDを聞いているときに、

「ん?これ本当にこの人数で歌ってる?」

って思うときってないですか?

そう思ったときは、ほぼその人数ではない です(・Д・`)w

で、もし、そう思わなかったとしても、
人数以上で歌っていることが多くあります。

いや、大半がそうかな。

知らないあなたのために、どういうことか説明します。



コーラスの重ね録り

アカペラのレコーディングには、色んなパターンがありますが、多くの場合1人ずつ録音していきます

まずリズム隊。
次にリードの仮歌。
そしてコーラスを録って、
最後にリードの本チャンを録る、

という順番。

で、ポイントはコーラスです。
コーラスはだいたい1パートにつき2重とか3重に声を重ねて録ります

例えば6人のグループでコーラスを2重録りした場合、

ボイスパーカッション
ベースボーカル
コーラス3人(×2声ずつ)
リードボーカル

となり

合計すると9声になります。

国内外問わず、大半のアカペラのCDはコーラスを重ねています。
あなたの持ってるアカペラのCDもたいがいそうなんじゃないかと思います。

コーラスの声を重ねる理由

なぜこのようにするかなんですが、アカペラは声だけなので、コーラス1本ずつだけの録音だと、スカスカで心もとないものになってしまいます。

そこで声を重ねると、サウンドに厚みが出て、全体的にボリューミーで、尚且つ綺麗に聞こえるようになります。

というシンプルな理由から、コーラスを重ねて録音する方法は、アカペラではスタンダードです。
と言うかアカペラに限らず、コーラスモノのCDはだいたい重ねてます。

で、逆にあえて1人1声で録ったりする場合もあります。
その場合は1人ずつより、ライブ感を出すために全員で一緒に歌うことが多かったりします。

ライブでは再現できないアレンジ

コーラスの重ね録りを抜いたとしても、人数以上の編成でのアレンジでレコーディングすることももちろんあります。
ライブでは歌っていないパートをCDでさらに加わっていたりとか。

あと、レコーディング後の編集(ミックス)段階でも、ライブでは出来ない加工を施したりします。

それらは言わばCD版ならではの楽しみです。

「ライブのアレンジで聴きたいんだ~」

という気持ちも確かに分かります(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

でも作る側としては、CD版ならではのサウンドを創りたいCDだから出来る音楽を楽しんでもらいたい、という気持ちがあって、色んな手法でサウンドを作り上げています。

The following two tabs change content below.

Neo

大阪・河内長野在住のシンガーソングライター。 アカペラグループUNITEで約15年歌い、現在はソロボーカリストとして活動中。 歌神・玉置浩二を敬愛し、彼のような歌い手になるために鍛錬の日々を送っています。一人で玉置浩二トリビュートアカペラという企画もやってます。 詳しいプロフィール

-レコーディング
-, , , ,

Copyright© Music Cafe Japan , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。