Neo Risの安全地帯アカペラカバー

音楽理論 アレンジ

初心者が楽曲アレンジするときに知っておきたいコードの役割とは

更新日:

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

鍵盤

作曲やアレンジをする際に、知っておきたい音楽の基礎知識がいくつかあります。

今回はその中のひとつ、「コード」についての第2回目「基本的なコード」についての説明です。

 

その他の記事はこちら

初心者が楽曲アレンジするときに知っておきたい「キー」について
初心者が楽曲アレンジするときに知っておきたいコードとは?
初心者が楽曲アレンジするときに知っておきたいコードの役割とは
初心者が楽曲アレンジするなら知っておきたいコードのバリエーション

今回は以下の三項目に分けて書いていきます。

音楽のコードの役割とは

まずはコードの役割について知ってもらおうと思います。

 

感情表現

前回の記事で、「メジャーコードは明るい響き」「マイナーコードは悲しい響き」と書きました。

 

メジャーコードを多用すれば明るい曲になるし、マイナーコードを多用すれば悲しい曲が出来上がります。

このようにコードによって感情を表現することができます。

 

これがコードのひとつの大きな役割です。

同じメロディでも、そこで使うコードによって雰囲気がガラッと変わってしまいます。

ですのでコードの使い方はとても重要です。

 

コードの流れ

また、コードの流れ(コードをどういう順番にするか)によっても曲は左右されます。

自然な流れのコードだと聴きやすいし、あえて変わった展開にすることで、不思議な感じ(いい意味での引っかかり)を作れたりします。

 

アレンジを料理で例えるなら、メロディが素材だとすれば、コードは調味料や、盛り付ける器です。

素材がイマイチでもこのコードによっては素材を最大限に活かし、味も見た目も美味しく料理することも出来ます。

 

例えばメロディがずーっと「ドードードー」と一つの音だけしか使わなかったとしても、コードが展開していけば曲になってしまいます。

だから「コードをいかに使うか」というのが、曲作りやアレンジをする際の重要なポイントとなります。

 

コードに正解はあるの?

一つのメロディに対して正解のコードはあるの?

という疑問をもたれる方もいるかも知れません。

 

既存の曲にはすべてコードがあります。

しかしこれは作った人が選んで決めたものであり、必ずしも正解というわけではありません。

 

例えば既存の曲を、誰か他のアーティストがカバーした場合にコードを変えたりすることがあります。

また、ジャズなどでカバーされる場合などは、オシャレなコードがふんだんに使われたりします。

 

このように、つけるコードに正解はありません。

メロディに対してコードを鳴らしたとき、またはコードを流れで聞いたときに、気持ちよければOK、気持ちよくなければNGというだけのことです。

 

キーとコードの関係

基本のコード

一つのキーの中で使われる基本のコードは決まっています。

例外も沢山ありますが。
※キーについてはこちら記事をご覧頂ください

 

まずは一番分かりやすい「C」のキーで説明します。

キーがCの場合の基本コードはすべて白鍵のメジャースケールの音で作られます。

 

「C」の基本のコードはこの7種類です。

「C」(ド・ミ・ソ)
Cコード

「Dm」(レ・ファ・ラ)
Dmコード

「Em」(ミ・ソ・シ)
Emコード

「F」(ファ・ラ・ド)
Fコード

「G」(ソ・シ・レ)
Gコード

「Am」(ラ・ド・ミ)
Amコード

「Bm7b5」(シ・レ・ファ・ラ)
Bm7b5 コード
(こいつはちょっと特殊なので登場回数少ないです)

 

キーが「C」の曲の場合は、基本的にこれらのコードがよく使われます。

ですので、既存曲のコード譜を見たとき、これらのコードが中心に使われているなと思ったら、キーが「C」である可能性大です。

 

他のキーの場合は、このように平行移動していきます。
キー別コード一覧

よそのキーのコード

基本のコードは上記のようになっていますが、それ以外のコードも遠慮なく使います。

 

基本コードだけで作ると、自然だけどクセがなく、平坦な曲になりがちです。

しかし、よそのキーのコードを借りてくることによって、ダイナミックな感情表現や、不思議な空間を作り出すことが出来ます。

 

初心者が楽曲アレンジするときに知っておきたい「キー」について
初心者が楽曲アレンジするときに知っておきたいコードとは?
初心者が楽曲アレンジするときに知っておきたいコードの役割とは
初心者が楽曲アレンジするなら知っておきたいコードのバリエーション

The following two tabs change content below.

Neo

大阪・河内長野在住のシンガーソングライター。 アカペラグループUNITEで約15年歌い、現在はソロボーカリストとして活動中。 歌神・玉置浩二を敬愛し、彼のような歌い手になるために鍛錬の日々を送っています。一人で玉置浩二トリビュートアカペラという企画もやってます。 詳しいプロフィール

-音楽理論, アレンジ
-,

Copyright© Music Cafe Japan , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。